www.e-encyclopedia.org

交通事故になってしまったこと

数年前のことですが、私が会社から帰宅途中に細い路地を車で走っていたのです。その時に道路脇から小さな猫のような生き物が飛び出してきたのです。このままだと車でひいてしまうことになるので、強めにブレーキを入れてハンドルを曲げたのです。詳細はこちら→交通事故弁護士東京を見てね。

 

 

すると、無理な体勢でハンドルを切ったので、横滑り状態になり制御が利かなくなってそばのコンクリートの塀にぶつかったのです。ぶつかった後に我に返って、周りを確認してみたのですが猫のような小さな生き物は既にいなくなっていました。

 

なんだか、私が一人で交通事故を起こしたような状況になっていました。その家に住んでいる住人も外に出てきて私の状況を見ていたのです。私に怪我は全くなかったのですが、車はバンパーが潰れた状態になりました。
詳細を知りたい方は交通事故弁護士相談にお越し下さい。

 

そのぶつけた塀には僅かに削り取った跡が残ったのですが、その住人の方は「特に気にしないで良い」と言ってくれたのです。何か腑に落ちない感じでしたが、とりあえず自分の車を修理に出したのです。